FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

次世代省エネ基準って?

       次世代省エネ をご存知ですか 

こらは1980年に初めて定められた『省エネ基準』がその後改定されて
『新省エネ基準』となり、1999年3月に資源の無駄使いをすることなく、
快適で豊かな室内環境のもとで過ごすことができる21世紀の
住宅づくりに照準を合わせて改正された基準です。

     地球温暖化防止 のために作られました。

当初は、日本がオイルショックを経験した後に国民生活の中でも
省エネルギーの自助努力をするというねらいを持って定められましたが
近年ではもっぱら地球温暖化防止の観点から見直しが検討され、
住まいの断熱性能を向上させることによってエネルギー消費量を
抑制しようという運動に変わってきました。
さて、どうすれば住宅の性能を上げることができるのでしょうか・・・


cont1_img_02[1]

上の図は、日本を気候ごとにⅠ~Ⅵの6地域に分けたものです。
地域ごとで目標とする省エネ性能の基準値を定めたものを
     次世代省エネ基準 と呼んでいます。
寒い所と暑い所、それぞれの地域の気候に合った性能の住宅を
適切に建ててゆく事で暖房や冷房などのエネルギ-を減らそう
という取り組みです。

住宅性能を上げて、次世代省エネ基準をクリアするという事は
断熱性気密性を高めるということです。

これらの性能を図る基準値が
Q値(キュー値)  住まいの内側から外に逃げる断熱性能を図る値。
             これが高ければ高いほど住宅性能は優れているといえる。

μ値(ミュー値)  夏場に住宅に侵入する日射量から冷暖房を図る値。

C値(シー値)   1㎡あたりの隙間の大きさから気密性を示す値。

この中でも Q値 を高めることが住宅性能を高くすることにつながります。

次世代省エネ基準 時代の住宅に求められるのは、住宅を高性能化
することにより環境に与える負担を減らすことに他なりません。

では、Q値 の高い  が『良い家』 
住宅性能だけにこだわるのであれば、窓を減らし部屋と部屋をドアで完全に
閉じてしまえば断熱性気密性も高くなり、高性能になるでしょう。
しか~し、景観もない開放感もない住まいが快適でしょうか。
Q値を高める事だけにこだわるのではなく、
住まいの気候風土に合わせた設定値を基準としながら
ご家族のライフスタイルなどを大事にしたバランスの良い  を造ることが大切です。


サラサホームでは次世代省エネ住宅+1の住宅にも力を入れています。



                                     

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード