FC2ブログ
   
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

梅の花いろいろ

今更ながら・・・

偕楽園

あの最後の将軍、徳川慶喜公のお父上 

水戸藩9代藩主・徳川斉昭公が造りました。

ちなみに、光圀公(水戸黄門さま)は2代藩主。

幕末の政治に積極的に関わり、藩政改革を進めた斉昭公は

その烈しい気性から 『烈公』 と呼ばれました。

その反面、領民が寛ぐ場所を造り、偕(とも)に楽しむ場にしたいと

偕楽園 と名づけられました。

名君だったのでしょうね。

その精神を受け継ぎ、三大名園のうち唯一現在でも無料で開放されています。

前置きが長くなりましたが

先日、梅祭りが開催されている偕楽園に行ってきました。

毎年、この時期は市内の道路が渋滞するので敬遠し

市民なのに訪れたことがありませんでした。

肌寒い日でしたが、観光客でいっぱい。

今年は暖冬のせいか開花も早く

見ごろをちょっと過ぎていたのが残念です。

園内には約3000本・100品種の梅があります。

その中でも、花の形・香り・色などが

特に優れている6品種が

水戸の六名木 とよばれています。


烈公梅
 徳川斉昭公の別称 『烈公』 にちなんで名付けられる 
烈公梅2
烈公梅1

虎の尾
虎の尾1

月影 
月影2

白難波
白難波2


この他に、江南所無 柳川しだれ があります。

薄紅色や淡紅色・青みを帯びた白、繊細な花びら

梅ってこんなに可憐な花だったかしら 花

六名木以外にも
八重寒紅
八重寒紅1

芳流閣
芳流閣1

見驚 
見驚1

種類の多さに驚きましたが

時間をかけてゆっくりと堪能できました。

来年は見ごろ  に来よう。

心静かに時を楽しみました。



    ふたつのランキングに参加しております。
    ッとしていただけると毎日頑張れます。

   にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

   見にきていただいてありがとうございます。



Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード