FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

神無月

今日から10月。

雲の形がすっかり変わってきました。空気もひんやりしてます。

10月の陰暦の呼び名は神無月ですね。そこで語源を調べてみました。

旧暦10月に全国の神様が会議をするために出雲に集まり、地元の神様が不在になって

しまうため。と書いてありました。

ですが、近年ではその説は間違いで・・・

この時期は農作物の収穫の月であり収穫に感謝する神祭りの月である。

といわれてるそうです。

どちらも納得の語源ですね 

私個人的には、『神様が不在になる』 という説が当て字のようで面白いと感じました。

神様が集まって会議をする様子なんてちょっと覗いてみたいなぁと・・・


6月も梅雨なのに水無月ですよね 
調べたら田植えが終わりたんぼに水を張る必要のある水張月 水月とゆう説もあるようで無は(の)とゆう意味があるそうです

~通行人さん~

日本には独特な言い方や大和言葉など
きれいな響きの言葉がたくさんありますよね。
最近、日本語の乱れがよく指摘されますが
こういった言葉を我々だけでなく、
後の世代にも伝えていけたらいいですね。
v-510
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード